HOME>オススメ情報>会社を起業する場合に必要となる手順を解説

サポート会社の利用でスムーズに進む

カードを持つ男性

金融都市香港には外国人に対して様々なビザが提供されています。日本人が関係するものといえば、就労若しくは投資ビザでしょう。就労はその名の通り香港にある企業で仕事をすることになった際に必要となるもので、必要な物のほとんどを会社側が準備をしてくれるのでそこまで難しくはありません。一方、投資の場合は必要書類が複雑で申請も厳しいです。スムーズにビザの申請を進めたい方はビザサポート会社の利用がいいでしょう。サポート会社を利用した場合、申請に重要となるポイントをしっかりと押さえた書類の作成を行ってくれるのでより確実となります。申請に一度失敗してしまうと、再申請は困難となるので注意しましょう。

申請のために必要となる書類と流れ

クレジットカード

ビザ申請のために必要となる書類はどういった物があるのでしょうか。香港政府指定の申請書類、パスポートとIDカードのコピー、ご自身の学歴や職歴に関するコピー、雇用契約書、既に会社を設立済みの場合は商業登記証のコピー、会社に関係する資料と事業計画書、個人資産の開示、香港人の雇用計画となっています。これらの書類を全て準備しなければ審査の対象とならないので注意しましょう。特に、個人資産に関しては会社の売り上げが伸び悩んだとしてもカバーできるだけの財産が必要となるので注意してください。その他必要となる場合の書類もありますが、サポート会社を利用すれば書式を渡してくれるので、記入するだけで大丈夫です。

確実に取得するためにも

カード決済

香港の投資ビザを確実に取得するためにも大切なことは、とにかく経験があるサポート会社に依頼をすることです。個人の力だけでビザを申請しようとすると失敗をしてしまう可能性があります。また万が一失敗してしまうと、投資ビザの再申請は困難です。だからこそ、大切なことは確かな経験と実績のあるサポート会社を利用することです。取得に向けてサポートを受けることで、独立や起業のために必要となる投資ビザを取得することが出来ます。